自意識過剰日記

読んでも特に得られるもののない日記

岡山旅行記その二

二日目は倉敷

まずは阿智神社。

 


f:id:haruto1973:20171030130714j:image

近くにあった大きな藤。

 


f:id:haruto1973:20171030130754j:image


f:id:haruto1973:20171030130840j:image

 

 

その後美観地区へ。

 


f:id:haruto1973:20171030130940j:image


f:id:haruto1973:20171030131003j:image



f:id:haruto1973:20171103120212j:image


f:id:haruto1973:20171103120249j:image


f:id:haruto1973:20171103120319j:image


f:id:haruto1973:20171103120418j:image

美観地区の中にあるカフェで食べたチーズケーキ。美味しかった。

 

 

その後は新幹線の時間までもう少しあったので、電車で移動して吉備津神社というところへ。

 


f:id:haruto1973:20171104150635j:image

最寄りの駅はこんな小さくて、電車も一時間に二本ぐらいしか来ない感じ。

神社もあんまり観光客もいない感じだったので、早々に引き上げ岡山駅に。

それから土産買って新幹線で帰る。

 

久しぶりの旅行はとても楽しくて気分転換になった。

またちょこちょこ行けたらいいんやけど。

 

 

 

岡山旅行記その一


f:id:haruto1973:20171027121606j:image


岡山駅に到着してとりあえず近くのイオンのサンマルクカフェでパスタ食う、相変わらず食にあまりこだわりのない私。

 

 


f:id:haruto1973:20171027120540j:image

岡山城

城に着く前の道でバウムクーヘンを売り歩いてる若者あり。一時期よく見かけた果物を売り歩いてるパターンと似ていて、あれは一体何なのだろうと思う。

 


f:id:haruto1973:20171027121955j:image

続いて後楽園へ。

亀がいた。作り物かと一瞬思うほど出来過ぎた佇まい。

 


f:id:haruto1973:20171029111749j:image


f:id:haruto1973:20171029111840j:image


f:id:haruto1973:20171029111930j:image


f:id:haruto1973:20171029111958j:image

園の中で食べた白桃ソフト。甘酸っぱくて美味しかった。

 

その後宿にチェックイン。少し休憩してから夜ご飯食べにブラブラ。明日の朝食を調達して帰って就寝。

 

 

 

 

自戒

年を取れぱ取るほどそうなんだけど、何でも自分が正しいという思い込みは捨てた方がいいよね。

それは違うのでは?と思うようなことがあっても、一度は自分を疑ってみて、再考するなり調べるなりすることの大事さ。

年を取って色んな知識が増えれば増えるほど、それが重要になってくるのかもしれない。

思い込んで突っ走って許されるのは若い間の特権だから。

 

 

 

綱渡り

どうもここ数日風邪を引きかけている。

「引いて」はいないのだが、少しだけだけど明らかに調子が悪い。

ギリギリの状態。少しバランスを崩したら引いてしまいそうな。

何とか保ってるのは睡眠を出来るだけ取るようにしているからだろうか。実際のところは分からないけれど、そう思い込んでいる。

今日は夜勤なので、午後から仮眠を取っておかなければ。

 

 

50/50

ここ数年旅行に行っていない。

何だか面倒臭いという、救いようのない理由で。

なんとなく、こんなことではいけないと思い立ち、休みを取ってみた。

とりあえず行き先を決め、宿の予約はした。

あとは新幹線。そしてどこを見て回るか考えないと。

今のところ、面倒くささ半分、楽しみ半分。

 

 

 

物欲

このところずっと車が欲しくて仕方ない。

今の生活に必需品というわけではないし、今の自分には贅沢だとは分かってはいるが、欲しいものは欲しいのである。

しかし前に乗ってた車を手放してからもう10年以上…。

たぶん運転は大丈夫だろうけど、最初は慣らすのが大変だろうな。

とりあえず軽かな。

維持費安いし。

親も乗せられるように後部シートも出来れば広めがいいな。

 

などと考えているだけの段階。

 

 

 

居心地

昨日訪れた病院はとても居心地が良かった。

小さな個人病院。

入り口側がほぼ全面ガラスで春の日差しが暖かく降り注ぎ、清潔なロビーにはいくつか観葉植物が置かれていて無機質さを和らげていた。

そこにいるだけで症状が和らぐのではないかと思えるほどだった。

 

診察を受けて薬を受け取って帰り、何とか症状か治まり始め、一安心。