自意識過剰日記

読んでも特に得られるもののない日記

読書熱

前回のブログで書いた齋藤孝『読書のチカラ』を読んでから、本を読むのが楽しくなった。
正確には本を読んで新たな知識を得るのが楽しくなったというべきか。

自分は元々読書を現実逃避の手段の一つとして捉えていたところがあったんだけど、様々な知識やものの見方、考え方を知るという効用もあるのだという、至極当然な事実をあの本に気づかせられた。
そして、一見興味のなさそうなことでもいざ触れてみると興味深く関心を惹かれることもあるのだと。

そう思えるようになってから、今まであまり読んでこなかった小説以外の本に関しても読書熱が高まっている。